イベントビューアー作成中②

今回紹介するもの

XMLの読み取りやファイル作成に関して、Linqに変えたところを紹介できればと思います。

XMLとLinqの使用準備

※2行目の宣言はプログラムの参照を追加する必要があります。

XMLファイルの中身に除外するリストを記録する

XDocumentを使うことでかなりソースがすっきりしました。

XMLファイルの要素をすべて削除する

 

XMLファイルの作成

上部(Linq)と下部(.net2.0)は同じことをしていますが書き方を変えることでかなりのソースコードを削減できることがわかります。 今回はここまでで次回はイベントログを取り方・表示について記録していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です